ニシハツの設計の仕事

先輩社員インタビュー(新卒採用) - 設計部

人の命にも関わる製品を設計している。だから、どんなカスタマイズにも対応します。

設計部 2015年入社作本 一晟

お客様のご要望に合わせ、一台、一台をカスタマイズするための設計を行います。

私は工業高校を卒業後、地元の会社で働きたいと考えて、ニシハツに就職しました。
当部門のおもな仕事は、カタログに掲載されている標準品を、お客様のご要望に合わせてカスタマイズすること。設置場所や用途など、お客様のご要望は千差万別ですから、標準品がそのまま納品されるということは全体の一割ぐらいしかありません。設計の工程には、お客様のご要望を取りまとめ、見積を作るための「営業設計」と、製品の組み立てに使う「製造設計」があり、私自身は電気回路の製造設計を担当しています。

カスタマイズの中身は、「排気管が壁に接触するので角度を変えて欲しい」といった簡単なものから「発電機の容量をアップして欲しい」「新たな機能を追加して欲しい」といった、筐体や電気回路の設計を見直さなければならないものまで様々。基本的には過去のカスタマイズの事例を探し、問題なく稼働させることができた図面を参照しながら、設計を行います。

一度も使われないかもしれない。だけど、万が一の時には絶対に動かなければならない。

経験を積むほどに知識が身に付き、複雑なカスタマイズに対応できた時は、設計者として成長したと実感できます。
私自身、入社2年目のころに、複雑な機能を要望された物件を担当することになり、限られたスペースの中にどうやって電気回路を追加するか、パズルのような作業をしていて、訳が分からなくなった、という経験があります。
私たちが設計している非常用発電装置は、災害が起こらなければ、一度も使われずに製品の寿命を終えることもあります。しかし、万が一、という場合には確実に動いてくれないと、多くの人の命にも関わります。だからこそ、設計も流れ作業ではなく、仕様に疑問があれば営業に確認し、納得できるものを仕上げます。
どこかで災害があったという情報を聞くと、自分が設計した製品がお役に立てているはずだと、誇らしい気持ちになります。